「普段は自分の車を置いてるけど、会社に行ってる時間など空いている自宅駐車場を活用したい。」

 

このページを見られている方はそんなことをお考えではないでしょうか。

 

ここではそんなあなたの要望を実現することができる、おすすめのサービスをご紹介いたします。

 

駐車場を貸し出せる「駐車場シェアサービス」とは

今回のあなたの要望をかなえてくれるのは「駐車場シェアサービス」です。

 

最近はタイムズで車を借りられる「カーシェア」や、自宅の一部を旅行客に貸す「民泊」など、シェアサービスが増えてきています。

 

駐車場シェアサービスも、そういったサービスの一環です。

 

使っていない時間がある、もしくは今は全く使っていない駐車場を、使いたい人に貸し出すことができるのです。

 

有名なところでは、下記のようなサービスがあります

 

では、どのサービスに申し込んでも同じようなサービスを受けることができるかというと、そうではありません。

 

このような点に注意が必要です。

 

駐車場シェアサービスを選ぶ際の注意点

駐車場シェアサービスを選ぶ際には、下記の3つの点を見るようにしましょう

 

  • そのサービスの知名度
  • サポート体制
  • 保険加入の有無

 

それぞれ見ていきましょう。

 

そのサービスの知名度

あなたがいくら駐車場を貸し出して副収入を得たい!と思っても、その場所を借りてくれる人がいないと話が始まりません。

 

よって登録しようとしているサービスがどれほどの知名度があるのかは重要です。

 

ここに関しては、下記を見ると分かりやすいです。

  • そのサービスの月間の利用者数
  • ウェブサイトの月間アクセス数
  • スマートフォンアプリのダウンロード数

 

登録したのに利用者が来ない・・・とやきもきしないためにも、まずはしっかりと調査を行いましょう。

 

サポート体制

次に重要なのがサポート体制です。

 

万が一トラブルが起きた際にサポートを一切してもらえないとなると、このような対応をすべて自分で行うことになります。

  • 加害者との交渉
  • 保険会社との交渉
  • 修理の手配(物損の場合)

 

副業として駐車場の貸し出しを行っているのに、このようなことで時間を取られるのはもったいないです。

 

自分で対応しなくてもよい、サポート体制のしっかりした会社を選びましょう。

 

保険加入の有無

最後に重要なのが利用者側の保険加入の有無です。

 

最近は自家用車を持っていても、任意保険に入っていないという人もいたりします。

 

もしそのような人に貸して物損事故を起こされてしまったら・・・。

 

そうならないためにサービス会社が保険加入を義務付けている、もしくはサービス会社が物損の負担をしてくれるものを選びましょう。

 

以上の3点を、先ほど紹介した3つのサービスで比較してみました。

 

 

サービスの知名度

サポート体制

保険が付帯しているか

特P

プレジデントなどで紹介

24時間対応

利用者の対物保険加入必須

akippa(あきっぱ)

ガイアの夜明けなどで紹介
会員数110万人

24時間対応

利用者の任意保険頼み

スマートパーキング

日経MJなどで紹介
利用者側サービスの口コミがあまりよくない

24時間対応

明記なし

 

以上の比較から、こちらの3社の中では「特P」が一番良いという結果になりました。

 

「特P」のおすすめポイント

 

特Pはほかの駐車場シェアサービスと同じく「設備不要」「初期・運営費用0円」で「すぐに始められる」ます。

 

それに加えて、他社よりも素晴らしいのが下記の2点です。

 

  • 利用者の保険加入が必須になっている
  • 手数料が安い

 

利用者の保険加入が必須になっている

1つ目は「利用者の保険加入が必須になっている」という点です。

 

上の表でも解説しましたが、業界最大手のakippaでは「物損はユーザーの任意保険頼り」になっています。

 

ですが、任意保険に入っていない自動車ユーザーが事故を起こしトラブルになっているというニュースはよく聞きます。
例:修理費巡りトラブル相次ぐ 車の任意保険未加入が火種に 議員が追突事故の支払い拒み裁判沙汰も

 

このようなユーザーが一定数いる状況で任意保険頼りというのは正直怖いです。

 

その点、特Pはユーザーが利用する際には対物保険の加入が必須となっています。

 

 

このように絶対保険に入っているユーザーしか使わないと分かっていれば、安心して貸すことができますね。

 

手数料が安い

もう1つおすすめできるポイントは「手数料が安い」点です。

 

akippaは売り上げに対する手数料が40%と設定されています。

 

つまり、1時間1,500円で貸すと「手数料:600円」「実際の利益:900円」です。

 

それに対して特Pは手数料が30%で設定されています。

 

よって、1時間1,500円で貸した場合「手数料:450円」「実際の利益:1,050円」となります。

 

この手数料の差は利用者が多くなり、月の利用料が高額になるほどに大きく変わってきます。

 

「たかが10%だから・・・」と軽く見ないでくださいね。

 

まずはシミュレーションを!

 

以上紹介したように、駐車場シェアサービスは多数あり、それぞれに強みと弱みを持っています。

 

その中でも総合点では特Pが一番おすすめだといえます。

 

まずは自分が貸そうとしている地域でどのくらい収益を上げることができるのか、シミュレーションを見てみてはいかがでしょうか。

 

その結果が良ければ、資料請求や駐車場登録に進まれることをお勧めいたします。

 

詳しく見てみる >