空き地を有効活用した方が良い理由

自分が所有している空き地をどうやって活用すれば良いのか、疑問を抱えている方はいませんか?

 

土地は空き地の状態のままが一番のデメリットで、そのまま放置しているのはとても勿体ないことです。

 

なぜ空き地を何かしらの形で有効活用すべきなのか、いくつかの理由を見ていきましょう。

 

  • 土地を持っているだけでも、固定資産税や都市計画税などの税金が発生する(管理コストがかかる)
  • 管理コストでマイナスの状態からプラスの収支に持っていける(収支がトントンでも税金分を補填できる)
  • きちんと管理していないと雑草等で荒れやすく、ゴミの不法投棄や害虫の発生でクレームが多発しやすい
  • その土地のポテンシャルを最大限に活かす活用方法をしていると、資産価値が高くなって将来的に売却が有利になる

 

空き地を上手く活用して収益を得ることができれば生活費や貯蓄に回せますので、何もせずに放置している方は今一度見直す必要があります。

 

空き地を活用する方法別のメリット

 

空き地の活用と一口に言っても、様々な方法があります。

 

自分が持っている土地の種類でも、活用方法に向き不向きがあるのが特徴ですね。

 

ここでは空き地を活用する方法別のメリットを説明していますので、「土地の使い道がわからない」と悩んでいる方は参考にしてみてください。

 

駐車場として貸す

 

空き地の活用方法の中でも、駐車場の経営は代表的です。

 

住宅街によっては駐車場が少ない場所がありますので、月極駐車場やコインパーキングを経営すれば満足のいく収益率を得ることができます。

 

駐車場として空き地を貸すメリットは次の3つです。

 

  • アパートやマンションと比較してみるとローリスク・ローリターン
  • 建物を建築しにくい狭小地でも駐車場として経営できる
  • 少し整備して区切るだけで良いので初期費用を抑えられる

 

コインパーキングの場合は、機械の導入や維持費がかかります。

 

一方で月極駐車場であれば特に必要ありませんので、コストを徹底的に抑えられる空き地の活用法ですよ。

 

ただし、立体駐車場の場合は場所によって制約がありますので注意しましょう。

 

アパートやマンションとして貸す

 

賃貸アパートや賃貸マンションの経営も、空き地の代表的な活用方法です。

 

自分が持っている土地にアパートやマンションを建設し、賃借人に貸し出す形になります。

 

駐車場と比べてみると初期投資が大きくなる代わりに、賃貸アパートや賃貸マンションの経営はリターンが大きくて高い収益を期待できるのがメリットです。

 

下記に該当する土地をお持ちの方は、アパートやマンションとして貸す方法を選択肢の中に加えてみてはいかがでしょうか。

 

  • 賃料相場や土地相場が高いところに土地を持っている
  • 住みやすい環境に空き地を持っている
  • これから長期に渡って安定的に土地を活用したい
  • 最寄り駅から近い都市部の土地を有効活用したい

 

アパートやマンションは相続税の節税効果も高く、賃貸用の住宅を持っているだけでも土地の相続税評価額は約20%減額されます。

 

戸建て賃貸住宅として貸す

 

ファミリー層を中心に、周囲を気にせずにのびのびとした暮らしができる戸建て賃貸住宅は人気です。

 

戸建て賃貸住宅として空き地を活用する方法は、近年でも注目を集めています。

 

以下では、アパート・マンションと戸建て賃貸住宅の経営の違いについてまとめてみました。

 

  • 賃借人が一世帯で賃料が低くなる代わりに管理が楽で初期費用を抑えられる
  • 元々空き家を持っている場合はリフォームして貸し出すだけで良い
  • アパートやマンションの方が高収益が期待できる

 

空き地の周辺などの賃貸物件情報や状況を把握し、マンションとして貸すべきなのか戸建て賃貸住宅を建設すべきなのか考えてみてください。

 

トランクルームとして貸す

 

トランクルームとは自宅の収納の延長として利用できるサービスで、個人や企業の物品を保管できる倉庫です。

 

空き地をトランクルームとして貸す場合、自分で経営したりフランチャイズ業者を利用したりといくつかの方法があります。

 

トランクルームとして空き地を活用するメリットを見ていきましょう。

 

  • 建物を建設しにくい変形地や狭小地でも活用できる
  • 賃貸物件と比べてみると初期コストが安い
  • 賃貸住宅が多い場所でもそれなりに需要が見込める

 

初期費用を安く抑えられるだけではなく、維持管理費用がほとんどかからないのも大きなメリットですね。

 

しかし、場所によっては湿気が多かったり収納ニーズが少なかったりと、トランクルームの経営に向かない土地もあります。

 

太陽光発電を設置する

 

空き地に太陽光発電を設置するのは、土地の活用法の一つです。

 

土地の上に太陽光発電の設備を置き、自分で電力を使ったり余った電力を売電したりできます。

 

空き地を太陽光発電として活用するメリットは次の3つです。

 

  • 日あたりと送電線があれば山林や原野など活用しにくい土地でも問題なし
  • 長期的に経営する予定であれば安定しやすい
  • 産業用の10kW以上を設置すると20年間に渡って売電価格が固定される

 

太陽光発電は低リスクの運用方法ですが、初期費用を回収するまでにかかる期間が長くなる点には気を付けてください。

 

土地を駐車場として貸す際に押さえておきたい注意点

 

空き地の活用法の中でも、初期投資を抑えて始められる駐車場の経営は人気です。

 

しかし、土地を駐車場として貸すに当たっていくつかの注意点がありますので、事前に把握しておきましょう。

 

ローリスクローリターンで賃料が安い

 

他の土地の活用法と比べてみると、駐車場として貸す方法はローリスクローリターンです。

 

初期費用を抑えられる代わりに、賃料はかなり安くなります。

 

定額で貸すことができる月極駐車場は安定継続した収入を得られますが、十分な儲けは期待できません。

 

例えば、都内の一等地に建設する場合は、駐車場賃料だけで固定資産税をまかなうのは難しいと心得ておくべきです。

 

需要が低い場所では集客が期待できない

 

住宅街や車の利用が多い地域では、月極駐車場やコインパーキングの需要が高いため、それなりの収益が期待できます。

 

一方で駐車場の需要が低い場所では、集客が期待できません。

 

空いている駐車場の数が多ければ多いほど当然のように収入が減りますので、空き地の場所によっては駐車場ではなくアパートやマンションを経営した方が良いケースもありますよ。

 

土地のオーナーに対して賃下げ要求をしてくる

 

業者に依頼して駐車場を経営する場合は、土地のオーナーに対して賃下げ要求をしてくることがあります。

 

賃下げ要求の理由は、「近辺に大きな駐車場が建設されたから」「大きな工事現場が竣工して需要が減ったから」など様々です。

 

高い賃料を提示してくる駐車場業者の場合、契約を取った後に賃下げ要求をすることがありますので気を付けましょう。

 

空き地の活用で迷っているなら駐車場シェアリングサービスがおすすめ!

 

空き地の活用法と言っても、「駐車場の経営」「アパートやマンションの経営」「トランクルームの経営」など様々な選択肢があることがおわかり頂けましたか?

 

それぞれにメリットとデメリットがありますが、どうにかして空き地を活かしたいのであれば駐車場シェアリングサービスがおすすめです。

 

駐車場シェアリングサービスは、空いている土地やスペースを活用したい人と外出先で車を止めたい人をマッチングしてくれます。

 

駐車場のオーナーにとっての駐車場シェアリングサービスのメリットは次の3つです。

 

  • ネットからの申し込みがOKで、初期費用がかからない
  • 車をとめられるスペース以外に必要なものがない
  • 駐車場を貸し出す日数の上限を設定できる

 

お金をかけずに空きスペースでお小遣い稼ぎができるため、駐車場シェアリングサービスの利用者は増えています。

 

駐車場シェアリングサービスの選び方で迷っている方には、業界No.1の売上還元率を誇る特P(とくぴー)がおすすめです。

 

「平日の時間だけ空いている」「マイカーの通勤の時間だけ空いている」「月極駐車場が空いている」など、様々な人が特P(とくぴー)を利用できます。

 

スマホ一つですぐにスタートできますので、空き地を有効活用したい方は特P(とくぴー)に登録してみてください。

 

特Pの特徴をホームページで見てみる >

 

まとめ

 

以上のように、空き地の活用方法や土地を駐車場として貸す注意点についてまとめました。

 

空き地をそのままの状態で放置していても、どこからか収入が入ってくることはありません。

 

土地の所有は管理コストがかかりますので、駐車場を中心に自分の空き地に向いている方法で上手く活用してみてください。

 

手数料が安くて手軽に始められる、駐車場シェアリングサービスを見る >