「マンションの駐車場はマンションの住人にしか貸し出せない」とイメージしている方はいませんか?

 

しかし、マンションの駐車場も他の土地と同じように、サブリースという形で外部貸しができます。

 

マンションの居住者だけでは駐車場が埋まらないと悩んでいる管理人のために、賃貸料金を保証して借上げて転貸するサブリースプランを提供するサービスも増えました。

 

ここでは、マンション駐車場の外部貸しのメリットから説明していきます。

 

マンション駐車場の外部貸しのメリットをまとめてみた

 

収入源を確保できる

 

マンション駐車場の外部貸しは、収入源の確保に繋がるのが大きなメリットです。

 

マンションの駐車場の利用料金は、管理費や修繕積立金の収入源として見込まれて計算されています。

 

例えば、1ヵ月で1万円で貸し出している駐車場20台の半分に当たる10台が空いたままの状態だと、1ヵ月で10万円の赤字です。

 

1年間に換算すると120万円の赤字が発生している計算になりますので、大きな痛手なのは想像できるのではないでしょうか。

 

赤字分を何かしらの形で補填しないとマンションの運営が成り立たなくなるため、収入源を確保する目的で外部貸しを行う管理人が増えているわけですね。

 

駐車場サブリース業者によって違いはありますが、次の仕組みで駐車場を外部に貸し出して利益を出すことができます。

 

  1. 何もしなければ1台当たり1万円、10台で10万円の月額収入が得られない状態
  2. 駐車場サブリース業者に月額使用料の40%を支払う
  3. 毎月4万円の駐車場代の収入を得られる

 

管理組合側からしてみると、「普通にマンションの住人に貸し出すよりも損をしているのでは?」と感じるでしょう。

 

しかし、マンションの駐車場の空きに対して何かしらの対策を打たなければ収入はゼロですので、少しでも管理費や修繕積立金を確保したいのであれば外部貸しを検討すべきです。

 

面倒な運営や管理業務から開放される

 

サブリース業者にマンションの駐車場の外部貸しを依頼すると、次の業務を代わりに行ってくれます。

 

  • 外部の駐車場利用者の募集
  • 利用希望者との契約業務
  • 駐車場の解約対応
  • 賃料滞納者への督促
  • セキュリティ対策やトラブル対応

 

駐車場運営に伴う面倒な管理業務から開放されるのは、マンション駐車場の外部貸しのメリットです。

 

賃料の収入も基本的には毎月の固定収入になりますので、入金管理の作業も面倒ではありません。

 

現在では都心部を中心に車を持たない居住者が増えた影響で、駐車場の空き区画が増加する分譲マンションが多くなりました。

 

その解決策の一つがマンションの駐車場を有料で外部に貸し出す方法なのです。

 

マンション駐車場の外部貸しで押さえておきたいデメリットやリスク

 

マンションの駐車場の外部貸しができると聞き、「とにかく収入を確保しないとヤバいからサブリース業者に依頼しよう」と考える方は多いのではないでしょうか。

 

マンションの空き駐車場を埋めれば、固定収入が保証されて収益の不安は軽減します。

 

月極駐車場としてのサブリースだけではなく、コインパーキングとして時間貸しするのも選択肢の一つですね。

 

しかし、マンション駐車場の外部貸しにはいくつかのデメリットやリスクもあります。

 

懸念すべきポイントもありますので、マンションの管理人は事前にきちんと押さえておきましょう。

 

セキュリティが低下する

 

マンション駐車場の最大のリスクは、セキュリティの低下です。

 

駐車場のサブリースの提案を行う場合、マンションの居住者の中にはセキュリティが大丈夫なのかと心配する方がいます。

 

近年のマンションは駐車場の出入口にシャッターが備えられているケースが多く、居住者以外が出入りすることはできません。

 

しかし、駐車場の外部貸しを行うと、貸し出し区画の数だけシャッターのリモコンや駐車機の操作キーを貸し出す形になります。

 

外部の人間に貸し出す駐車場の数が多ければ多いほど、マンション居住者以外の人が出入りする形になりますので、当然のようにセキュリティが低下しやすいわけです。

 

具体的にマンションの駐車場を外部の人間に貸し出した際に、どのような問題が発生しやすいのか見ていきましょう。

 

  • 高級マンションに住む富裕層を狙って侵入を試みる人間が出てくる
  • 不心得者が車に悪戯をする危険性がある
  • 駐車場利用者の子供が入り込んでボール遊びをする

 

駐車場の外部貸しを行うマンションでは、居住者でないことを理由に一方的に排除するのが難しいリスクがあります。

 

事故のリスクが高くなる

 

駐車場の利用において、車同士の事故が発生しやすくなるのは仕方がありません。

 

しかし、駐車場の外部貸しを行うマンションでは更にそのリスクが高まります。

 

居住者限定の駐車場であれば、住人同士のトラブルを避けるために慎重に運転しようと心掛けるでしょう。

 

外部の人間はそこまでの気遣いをしないことが多く、「事故を起こしても逃げれば良い」と考える不届き者もいます。

 

貸し出したマンションの駐車場の区画がコインパーキングだと、運転技術が未熟な人による事故のリスクが上昇しやすいのです。

 

駐車場の利用料金に対して税金が発生する

 

マンションの管理組合は営利を目的とした団体ではないため、通常であれば法人税などの税金が課せられることはありません。

 

ただし、外部の人間に駐車場を貸し出すと、収益事業を行っていると見なされます。

 

つまり、マンションの駐車場を外部貸しした時点で、法人税や事業税、地方法人特別税などの税金が発生するのです。

 

一定の要件に該当する場合は、上記の税金に加えて消費税も課税されます。

 

管理組合に納税義務が発生すると事務手続きが面倒ですので、税理士などの税務のプロに相談した方が良いでしょう。

 

もちろん、税理士に相談すると僅かな収益のために新たな費用がかさむリスクもあると心得ておくべきです。

 

駐車場の需要が増えても対応できない

 

本来であれば、マンションの駐車場は居住者のために作ります。

 

入居者が利用することを前提に作られていますので、戸数に対して駐車場はそこまで広くありません。

 

今は空きが出ているからといって駐車場を外部貸しすると、下記のように需要が増えた時に対応できなくなる恐れがあります。

 

  1. マンションの駐車場の空き区画を全て外部貸しする
  2. 新たに車を購入した入居者が新規利用を申し込む
  3. 駐車場の空きがなくて断らざるを得ない

 

外部の人間に貸し出したことで、マンションの居住者が別の場所の駐車場を借りて我慢を強いられるのは本末転倒ですよね。

 

少しでも収益を確保したいからといって安易に駐車場の外部貸しを行うと、マンション全体の価値が下がってしまいます。

 

マンションの管理人は駐車場シェアリングサービスの利用も検討しよう

 

マンションの駐車場の外部貸しは、セキュリティが低下したり税金が発生したりといったリスクがあります。

 

だからと言って空き状態が続くと収入面で不安が出てきますので、駐車場シェアリングサービスの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

 

駐車場シェアリングサービスとは、マンションやアパート、自宅の駐車場を貸し出す新しいシステムです。

 

数多くの駐車場シェアリングサービスの中でも、特P(とくぴー)が確かな実績を残しています。

 

以下では、特P(とくぴー)のおすすめポイントや強みをいくつか挙げてみました。

 

  • 駐車場運営のような設備が一切不要で初期費用0円で始められる
  • 「日にち」「時間」「料金」を都合に合わせて設定できる
  • 利用ユーザーは連絡先やクレジットカードを登録した人なので安心
  • 万が一のトラブルが起こっても24時間のコールセンターが対応してくれる

 

パソコンやスマホを使って簡単に登録できますので、駐車場の運営で悩んでいるマンションの管理人は特P(とくぴー)を利用してみてください。

 

特Pの特徴をホームページで見てみる >

 

まとめ

マンションの駐車場は、居住者だけではなく外部貸しもできる点についておわかりいただけたでしょうか?

 

セキュリティの低下や事故リスクの増加、税金の発生といったリスクがある代わりに、収入源の確保で管理費や修繕積立金を補填できます。

 

マンションの空いている駐車場は駐車場シェアリングサービスも利用できますので、是非一度検討してみてください。

 

手数料が安くて手軽に始められる、駐車場シェアリングサービスを見る >