「空いている土地を何とかして活用したい」「月極駐車場を経営したいけど儲かるの?」と疑問を抱えている方はいませんか?

 

自分が持っている土地を使わずに放置するのは勿体ないので、月極駐車場として貸す方法をおすすめします。

 

月極駐車場とは、月単位の契約で貸し出す形態のオーソドックスな駐車場のことですね。

 

月極駐車場の経営方法は、次の3つに大きくわけられます。

 

  • 駐車場を借りる人を募集して賃料の回収も自分で行う方法
  • 利用者の募集や賃料の回収を業者に任せる方法(管理委託方式)
  • 駐車場が満車でも空いていても土地の所有者に対して一定額が支払われる方法(一括借上方式)

 

月極駐車場の種類で収入は変わりますが、空いている駐車場を有効活用できる点では一緒です。

 

ここでは月極駐車場として貸すメリットをまとめていますので、一度目を通しておきましょう。

 

空いている土地を月極駐車場として貸すメリットをまとめてみた

 

安定した収入を得られる

 

月極駐車場の経営は、安定した収入を得られるのが一番のメリットです。

 

1ヵ月単位で貸し出す月極駐車場と時間単位で貸し出す時間貸し駐車場(コインパーキング)には、次の違いがあります。

 

  • 月極駐車場は数ヵ月単位など長期契約になるケースが多い
  • 時間貸し駐車場(コインパーキング)は埋まらないリスクがある

 

一度契約を取ることができれば、月極駐車場の方が遥かに安定しやすいのです。

 

ある程度土地を整地して区画を区切って貸すタイプの月極駐車場であれば、初期費用の回収までに長い時間がかかることはありません。

 

少ない初期投資で始められる

 

アパートや雑居ビルの建設と比較してみると、月極駐車場は少ない初期投資で始められます。

 

コンクリート舗装や壁の整備、車止めやライン引きなど、最低限の工事でも空いている駐車場を月極駐車場として貸し出すことが可能です。

 

もちろん、どのような形態や規模で月極駐車場を運営するのかによって、かかる費用には違いがあります。

 

歩道の切り下げを行うケースでは30万円~50万円程度の初期投資がかかりますが、金融機関から借り入れなくても始められる金額ですよ。

 

様々な設備が必要な時間貸し駐車場(コインパーキング)と比べてみると、月極駐車場はコストを抑えることができるでしょう。

 

狭い土地でも始められる

 

狭小地や変形地など自分が持っている土地によっては、住宅の建設が向かないことがあります。

 

変形地に建物を建設できたとしても、土地の割には狭い住宅になって効率良く活用できません。

 

一方で月極駐車場として貸す方法であれば自動車を停められるスペースさえあればOKですので、狭い土地でも始められるのが大きなメリットです。

 

都心部で高い稼働率を見込めるのであれば、月極駐車場ではなく2台~3台のコインパーキングでも一定の収益は出せます。

 

経営をやめやすい

 

一定期間に渡って月極駐車場を貸し出した後に、次のように考えるケースは多々あります。

 

  • 自分が持っている土地を転用したい
  • 事情ができて経営から撤退したい

 

月極駐車場として貸す方法は、経営をやめやすいメリットがあります。

 

月極駐車場では事前に契約解除の予告をすれば、1ヵ月程度の期間で利用者に退去してもらうことが可能です。

 

始めやすくてやめやすいのは、月極駐車場の経営の魅力的なポイントなのではないでしょうか。

 

空いている土地を月極駐車場として貸すリスク

 

駐車場の経営は、土地の有効活用法の一つです。

 

上記でも説明したように月極駐車場の経営にかかる初期費用は少ないですし、コインパーキングよりも安定した収入を得られます。

 

しかし、空いている土地を月極駐車場として貸すに当たり、いくつかのデメリットやリスクがありますので注意しないといけません。

 

以下では、月極駐車場として貸し出す前に押さえておきたいリスクを説明していきます。

 

月極駐車場が埋まらないリスクがある

 

マンションやアパートの経営も一緒ですが、月極駐車場も埋まらないリスクがあります。

 

空室分の賃料がそのまま利益に響いてくるため、広い駐車場で空室が多ければ多いほど利益がマイナスになりやすいわけです。

 

下記に該当するような月極駐車場は、空室が出やすくなります。

 

  • 周辺に安い月極駐車場が新しく建設された
  • 周りに住宅地がなくて閑散としている
  • 駐車場が完備された商業施設が周辺に多い

 

月極駐車場は契約を取れれば安定した収入を得られる代わりに、利用者で埋まらないこともあると心得ておきましょう。

 

利用者がお金を支払ってくれない

 

他の土地活用と同様に、月極駐車場の経営でも利用者がお金を支払ってくれないリスクはつきものですね。

 

月極駐車場の賃料の滞納や、コインパーキングの不正利用で悩まされるオーナーさんは少なくありません。

 

アパートやマンションの家賃は追い出されることを考えてしっかりと支払っている人でも、「別に駐車場くらいなら滞納しても良いだろう」と安易な考えを持つ方はいます。

 

賃料を回収できなければ月極駐車場を運営する意味がありませんので、不良利用者は契約時にブロックすべきです。

 

又貸しされる恐れがある

 

月極駐車場の利用者が賃貸人の承諾を得ず、一部を又貸しするリスクがあります。

 

月極駐車場ではA車を停める契約を交わしていますので、又貸しは契約違反です。

 

夜間や日曜日など、空いている時間にちょこっと貸し出すだけでも了承をもらっていなければ不法行為になります。

 

契約者が又貸しを行い、「知らない車が止まっていた」「キズを付けられた」など他の月極駐車場の利用者とトラブルになる恐れもありますので注意してください。

 

災害を受けやすい

 

月極駐車場は次の災害を受けて運営できなくなるリスクがあります。

 

  • 大地震による液状化現象
  • 津波や集中豪雨による水没
  • 土砂崩れによる埋没

 

元々月極駐車場の運営はローリスクローリターンですので、保険に加入して備えるほどではありません。

 

しかし、日本では地震を中心に災害の多い国ですので、自分の持つ土地がどのくらいの災害リスクを背負っているのか知るのは大事です。

 

税金の負担が大きくなる

 

賃貸住宅と比較してみると、月極駐車場やコインパーキングの経営は税金の負担が大きくなります。

 

賃貸住宅経営では土地が住宅用地の扱いになるため、固定資産税や都市計画税の優遇措置を受けられるのです。

 

一方で月極駐車場は住宅用地ではありませんので、優遇なしの満額が課税されます。

 

支払う税金が多ければ多いほど利益が出しにくくなりますので、個人で月極駐車場を貸す際はあらかじめ税金に関する知識を押さえておかないといけません。

 

駐車場を貸し出したいなら駐車場シェアリングサービスの特Pがおすすめ!

 

駐車場を月極駐車場として貸し出すに当たり、空室や料金の未払いのリスクがあります。

 

自分で手続きを行う場合は、利用者の募集から賃料の回収まで全てを行わないといけません。

 

そこで、駐車場を貸し出したい方は駐車場シェアリングサービスの特P(とくぴー)を利用してみてはいかがでしょうか。

 

駐車場シェアリングサービスとは、空いている土地を有効活用したい人と外出先で自動車を止めたい人をマッチングするサービスです。

 

現在ではたくさんのサービスがありますが、特P(とくぴー)は業界No.1の売上還元率を誇ります。

 

駐車場シェアリングで自宅の駐車場を貸すメリットは次の3つですね。

 

  • 設備投資や土地取得などのコストがかからない
  • 初期費用なしで駐車場経営を始められる
  • 1ヵ月で数万円の副収入を得られる

 

土地を別途で取得しなくても、自宅で使っている駐車場をそのまま誰かに貸し出して一定の収入を得られます。

 

出費がなくて損をすることもありませんので、空いているスペースをお持ちの方に駐車場シェアリングサービスの特P(とくぴー)がピッタリです。

 

皆さんが考えている以上に駐車場の貸し出し方は簡単ですので、是非一度特P(とくぴー)を利用してみてください。

 

特Pの特徴をホームページで見てみる >

 

まとめ

 

以上のように、空いている土地を月極駐車場として貸すメリットとリスクについておわかり頂けましたか?

 

コインパーキングと比べて月極駐車場は安定した収入を得やすいのですが、「駐車場が埋まらない」「利用者の未払い」「災害」など様々なリスクがあります。

 

リスクを抑えて駐車場を有効活用する方法として駐車場シェアリングサービスが注目を集めていますので、一度試してみてはいかがでしょうか。

 

手数料が安くて手軽に始められる、駐車場シェアリングサービスを見る >