駐車場
よくある質問

駐車場経営は何を経費にできる? タイプ別に解説します

持ち家パパ
持ち家パパ
駐車場貸出事業を始めて1年。確定申告の時期がきたのですが、経費として計上できるものを教えてください!
不動産コンサルタント
不動産コンサルタント
わかりました!タイプ別に見ていきましょう!

確定申告の際に所得額を抑える手軽な方法が、経費を計上することです。

駐車場経営で経費にできるものはあるの?と疑問に思っている方へ、駐車場のタイプ別で解説します。

舗装ありなしで経費は変わる

「駐車場」といっても、更地にロープやペンキ、車止めなどで区画を簡単に作っただけのものもあれば、きちんと舗装したり、屋根や外灯などを設置したものもあります。

実は駐車場経営では、舗装や設備の有無が確定申告の際の経費に大きく影響します。

ここでは、舗装あり・舗装なしで駐車場経営をした場合の、それぞれの経費に計上できる項目についてご紹介します。

舗装ありの場合(修繕費用と固定資産税)

駐車場として所有する土地には、固定資産税がかかります。

住宅用地のように6分の1や3分の1に減額される大きな軽減措置はありませんが、以下のような経費を計上することで、所得を抑えることが可能です。

※経費一覧

  • 土地・設備の固定資産税
  • 設置した設備の費用
  • 舗装にかかった費用
  • 舗装や設備の修繕費

コンクリートやアスファルトなどで駐車しやすいよう舗装した駐車場は、舗装にかかった費用や修繕にかかった費用を、経費として計上できます。

また、料金精算機や外灯、屋根などの設備を設置している場合は、これらも固定資産税の対象となる可能性があります。

設備が対象となった場合にはこちらも経費として計上できます。

設備として固定資産税が課せられる対象となる金額の目安は150万円で、舗装費と外灯などの設備の合計金額が150万円を超えるのであれば、固定資産税(通称・償却資産税)が課せられます。

ただし、この150万円とは、純粋な購入費や支払った料金すべてが含まれるわけではありません。

舗装や設備は経年で価値が下がっていく「償却資産」に分類されるため、固定資産税に計上されるか確認するときは、償却資産評価額(購入費の7~8割程度)の金額で150万円以上となるかどうかをチェックします。

また、設備1点の価格が10万円以下だった場合は償却資産ではなく、即座に経費として計上できます。

これらを踏まえ、改めてまとめると、舗装あり・設備ありの駐車場で経費を計上できるものは、以下のとおりです。

  • 土地の固定資産税
  • 舗装や各設備の修繕費
  • 単価10万円以下の設備の購入・導入費
  • 単価10万円を超える設備の償却資産評価額
  • 償却資産評価額で計算した設備費が合計150万円を超えた場合の固定資産税

舗装や設備を導入すると固定資産税や償却資産の計算が複雑化しますが、その分、節税効果もアップします。

ちなみに固定資産税の対象となる償却資産は、事業主自ら申告する義務があり、申告を怠ると科料に処せられる可能性があるため、申告を忘れないようにしましょう。

舗装なしの場合、固定資産税のみ

コンクリートやアスファルトなどで舗装しておらず、とくに設備も導入していない場合は、土地の固定資産税のみを経費に計上できます。

大がかりな舗装工事はしていなくても、自身で砂利を購入して敷き詰めたり、整地する方もいるでしょう。

砂利敷も場合によっては構築物として認められるケースがありますが、隙間があったり砂利が減ったりして地面が見える部分ができていると、認められません。

構築物として認められる条件が厳しいうえ、砂利は状態の維持が難しく、車を傷めやすいデメリットもあることから、改めて導入するにはおすすめできない舗装方法です。

無理に設備を導入して固定資産税を増やすよりも、何の手も加えず土地の固定資産税のみを経費として計上したほうが、結果的に管理のしやすさと節税につながる可能性があります。

未舗装・機械なしで貸すなら、駐車場シェアサービスがおすすめ

舗装あり・設備ありで駐車場経営をすると、複雑な手続きや税金の計算が必要となり、本格的に事業を手掛けなければなりません。

もっと手軽に、初期費用も抑えて駐車場経営を始めたいという方は、未舗装・専用の機械なしのまま、駐車場シェアリングサービスを活用することがおすすめです。

駐車場シェアリングサービスは、簡単には下記のような活用メリットがあります。

  • 駐車場情報を登録するだけで始められる
  • 駐車場の数に制限なし
  • 独自のシステムで集客してくれる
  • 最新のキャッシュレス決済が利用できる
  • オンライン決済で確実に集金できる
  • トラブル対応も代行してくれる
  • ユーザーは保険加入必須の会社もある

このようにメリットが多く、未舗装でもしっかりと駐車場経営の収益が見込めるようサポートが充実しています。

車1台分のスペースから始められるので、新しく土地を購入しなくても、自宅の余ったスペースを収益化できます。

集客や集金、トラブル対応も代行してくれるので、オーナーは貸し出し可能な駐車場の登録と簡単な管理を行うだけです。

トラブルが心配な方は、特Pのように駐車場を借りるユーザーに任意保険加入を条件としている駐車場シェアリングサービス会社を選ぶと安心です。

特P

まとめ

駐車場経営の収益を確定申告する際、経費を計上して少しでも所得を抑えたいところですが、駐車場のタイプによって経費にできるものは異なります。

きっちりと確認をして、正確な確定申告を行いましょう。また、経費として計上できるものは計上し、節税対策もしっかりと行いましょう。

今現在、未舗装の土地がある状態から駐車場経営するのであれば、集客や集金を代行してくれる駐車場シェアリングサービスを利用し、効率よく経営していきましょう。

たとえば、業界大手のakippa(あきっぱ)や、利用時に任意保険加入を条件とする特Pなら、集客もトラブル対策も安心して任せられます。

チャンス
チャンス2倍!?駐車場シェアサービス活用方法駐車場シェアサービスを2つ併用することで得られるメリットについて紹介しています。初期費用・運営コストがかからない駐車場シェアサービスで、複数登録でチャンスを広げてみませんか?...
路上駐車
成功者続出!駐車場シェアサービスとは?情報まとめ「駐車場シェアサービス」とは使っていない時間がある、もしくは使っていない駐車場を、使いたい人に貸し出すことができるサービスです。今話題の駐車場シェアサービスについて、選ぶ際の注意点とサービス毎を比較してご紹介します。...